午後3時8分

欲求に正直に

運命という言葉を確信した夜だった【星野源 DOME TOUR 2019 Pop Virus】

 

はい、更新がまた途絶えてしまいました。

言い訳は色々ありますがやめておきます。

 

星野源のライブに行ってきた。はじめての東京ドーム。

f:id:end38:20190310225557p:plain

いつから好きかと問われれば中学生から。くも膜下出血に倒れて奇跡の復活をした後の復活アアア!という全国ツアーがはじめて行った星野源のライブ。高校入学前の3月。福岡市民会館という小さい公民館でのライブ。別にファン歴長いとか思ったことはなかったけども、むしろ短いぐらいに思っていたけども。

気がつけば日本国民で知らない人はいないような男になってた。わたしが受験で狂ってた2016年、日本中狂ったように恋ダンス踊ってた。

それだけ売れたあと、2017年のさいたまスーパーアリーナスタジアムモードでのライブ、あまりにも低姿勢で。ぽかんとしてしまった。いやもうちょっと調子に乗ってもいいんだよ?

その後もあの朝ドラ主題歌を担当。テレビではいつもフルサイズ演奏。その朝ドラ主題歌でもEDMに挑戦したり。売れて待遇良く、調子に乗らず、新しい挑戦も忘れず、こんないいアーティスト今他におるか?

なんというか、今、一番いい女を抱ける男だと思う。知らんけど。

そんな男に東京ドーム処女を奪われて幸せでした。

 

f:id:end38:20190310225544p:plain

会場で彼がCMしているノンアルビールが売っている情報は手に入れていたので会場周辺のファミマでつまみを買いあさり、グッズを買って、ビールを買って、団子をつまみにビールを飲んで東京ドームで星野源を待つという幸せなことをしていました。

花見デートで星野源待ってるのと実質一緒じゃない?(無理があります)

 

会場も徐々に埋まっていき、、時刻通りに開演。暗転。真ん中のステージに赤いパーカーを着てギターを抱えた彼が現れ

 

 

 

 

 

 

 

友人、号泣。

 

ごめん、突然で想像以上の泣き方(鳴き方)でめっちゃおもろかった。人生はじめてのライブ、人生はじめての推しのライブだったそうで。おーんよかったよかった。はじめてライブに行った時の気持ちを思い出した、、友人よこれ見てる?また行こうね。

 

 

それは置いておきまして、ステージ上の彼は、

 

  歌を歌うときは 背筋を伸ばすのよ

 

歌を歌うときは」、

これだけ大きな会場で、一人、ギターだけを持って弾き語りはじめました。

 

  想い伝えるには 真面目にやるのよ 真面目にやるのよ

 

はじめてのドーム公演だけど、壮大にオープニングをするのではなくて、歌を歌いはじめたあのころからライブは始まって。

そのままギターだけで歌いはじめた、「Pop Virus」。

声とギターに、少しずつ音が加わる感じ。前回ツアー「Continues」の「全ての音楽は影響しあっていて繋がっている」、というテーマを彷彿させるものがありました。

 

セットリスト

歌を歌うときは

POP VIRUS

地獄でなぜ悪い

Get a Feel

桜の森

Pair Dancer

Present

サピエンス

ドラえもん

ばらばら

KIDS

プリン

くせのうた

化物

SUN

イデア

Week End

Family Song

 

アンコール

君は薔薇より美しい

時よ

Hello Song

 

とりあえず、幸せな空間でした。それはお客さんだけじゃなくていつものバンドメンバーにELEVENPLAYさん、会場にいる全ての人が。

そして何よりもみんな「いつも通り」。東京ドームでいつも通りでいることってめちゃくちゃすごいことだと思います。

センターステージ(?)は本当にゆるゆるで、、本当に客が5万人おるのわかっとるんかぐらいに星野源始めハマくん長岡亮介さんなどおじさんたちがキャッキャしてて……‪もう…………かわいいの全面降伏………………

MCで星野源は大の字に寝転がるし、もう無理…………はちゃめちゃにかわいいじゃん……彼らを眺めるわたしは気持ち悪い妖怪と化してました。

今回から参加のSTUTSさんはちょっと堅い感じなのもかわいかったです……MC中基本手を前に組んで直立(笑)

お前「「かわいい」」しか感想がないんか…………

 

 

前回のさいたまスーパーアリーナスタジアムモードの時も思いましたが、3万人、5万人と人がいるのに星野源とわたしの2人っきりの気分になるときが何度かあります。特に弾き語りのとき。

思春期という多感な時期、生きるのが辛いとき(今もだけど)に彼の音楽を布団にこもってiPodでよく聞いたものでした。彼なら紡がれる言葉に体も心も全てを任せるような、そんな感じ。

あれから彼の音楽スタイルも素人でもわかるぐらい変化したし、売れて立場も状況も大きく変わったと思います。

でも当時の歌を歌っている彼を見てると、作った当時の感情の枠組は彼の中に残ってるんじゃないかなあって、だから何万人もいる中でわたしの星野源の2人っきりの気分になるくらいの届ける力を持ってて、あれだけ売れても地に足をしっかりつけたままやっていけるんじゃないかなあって、わたしはただのファンで彼の表姿しか知らないわけだけど、わたしはそういう風に思いました。

ああいう大人になりたい。忘れたくないもの忘れちゃいけないものを忘れない大人になりたい。

 

 

思い返せば彼は数年前にくも膜下出血で倒れて休養している時期もありました。くも膜下出血なんて命を落としてもおかしくない病気なのにこうやって健康な状態でステージに立っていて。

ポエミーかもしれませんが、運命とか宿命とかってこういうことなんだなあ、彼はこうなるべき人間だったんだなあ、、と恋ダンスを踊り狂う会場内で思ってました。

 

 

星野源、愛されるべき男。

恥ずかしいけど、まっすぐに言うと、あなたをすきでよかった。

 

 

Pop Virus

Pop Virus

  • provided courtesy of iTunes

 最近ずっと聴いてます。感染しちゃった。